トップページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生まれの末梢療法「足心道」とは?

  • 足心道は足にあらわれた変化によって身体の異常をチェックし、足を揉みほぐすことで自然治癒力をたかめ、
    全身の機能を活発にする足からの健康法です。
    昭和初年、足心道の創始者 柴田和通は、東洋医学の考え方、ことに「十四経絡(じゅうしけいらく)」を
    踏まえながら、実際に多くの人々の足を観察。手足と内臓との関連を体系づけるとともに施術の方法を
    研究しました。
    そして全くオリジナルな手足の観察法「観趾法」と施術法「操法」からなる <足心道 >を確立したのです。

    それ以来60年余、まさに足の健康法の草分けである足心道は、誰にでも手軽にできて安全な方法として、
    家庭や職場で実行され、健康増進に数多くの実績をあげてきました。
    日常、私たちは意識して足に触れることなどほとんどありませんが、人間を立ち木にたとえるならば足は
    いわば根であり、家でいうなら土台とも言うべき重要な部分です。
    「脚下照顧(きゃっかしょうこ)」足を顧み、足に感謝することによって健康への道が開けるのです。

    足心道本部では、この足心道をより多くの皆さんに知っていただくために、各地で講習会・個人指導を実施し、
    参考図書並びに機関紙「足心®」を発行しています。また、各地の支部・健康相談所でも230名の指導員が
    普及活動に努めています。